ねこ 時々 たび
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーワールド 準備編1
2011-10-02 (日) | 編集 |
2011年9月
有給消化のため無理くりセッティングした1週間の連休。
急遽決定した行先は、フロリダディズニーワールド
はやる気持ちを抑えきれず、現地の天気予報をチェックするも・・・

天気予報097_convert_20111002200606

Thunderstorm=激しい雷雨・・・って・・・

あきらめきれず別の天気予報をチェックするも・・・

098_convert_20111002200750.jpg

・・・って、どんだけ~ 
夏の時期、フロリダは湿度が高く猛烈に暑い。
しかもほとんど毎日夕立が降り、おまけに8月~11月はハリケーンシーズンとのこと。
知らなかった~
でもでも、9月も下旬だしそろそろ涼しくなってるかも~・・・
雷雨って言っても、スコールみたいにすぐ止むんでしょ~・・・
なんて淡い期待で、ひたすら予報がはずれることを願うばかり 

スポンサーサイト
ディズニーワールド 準備編2
2011-10-02 (日) | 編集 |
言葉の通じない異国の地で、(・・・って言ってもアメリカですけど・・・)
心配なのは <食事> 

とりあえず食いっぱぐれのないように、パッケージツアー申込の段階でホテルの朝食付きプランを選択。
(朝食3回付きで10800円というなんとも割高感のいなめないプランでしたが、
背に腹は代えられない・・・)

ランチはパーク内で手軽に済ませるとして、
問題はディナー。人気のテーブルサービスのお店では予約無しだと入店を断られるケースもあるとかないとか・・・
代理店に予約の代行を頼めば、1件につき1000円の手数料が掛かるうえに予約できるレストランや時間が限定されている。

困ったなぁ~ 電話して英語で予約なんて、絶対無理だもんな~
そんな矢先に・・・救世主現る 
なんと、ウォルトディズニーワールドのホームページでオンライン予約ができるんです
教えてくれたのは、こちらのページ
英語のサイトですが、しゃべれなくたって辞書引きながら予約できちゃいますぅ~

おかげさまで、代理店に頼むと結構な手数料が掛かる、ファンタズミックの優先入場券付きディナープラン「Fantasmic! Dining Package」も
楽々予約できちゃいましたー!!ありがと~

しかも、ホームページではメニューも見れちゃうんです~!
これで予習もバッチリ!助かるぅ~ 

070.jpg
071.jpg



ディズニーワールド いざ出発!
2011-10-03 (月) | 編集 |
2011年9月20(火)
出発便は、デルタ航空276便・15時05分成田発
24時間前からウェブチェックインができるとのことで、こころみる。

102.jpg

座席を確認。
この夏より導入された「エコノミーコンフォート」なる座席が1万円ほどの追加料金で利用できるとのことで、選択。
標準のエコノミークラスの座席よりも、
レッグルームが最大10センチ広く、リクライニング角度が50%深い、とのこと。

104.jpg
必要事項を入力し、データを送信するも・・・

103.jpg
チェックインできず・・・

結局、空港のセルフチェックイン機で手続きすることに。
セルフといっても係りの人が付いてます。
ウェブで指定したエコノミーコンフォートの座席が取れていました。
IMG_3389-2.jpg

出発前最後の食事は・・・

106-2.jpg

なぜか、タイ料理。
八角の風味が美味

いざ、搭乗!
こちらが、エコノミーコンフォート。
107-2.jpg

ふつうのエコノミーシートとの違いは・・・
微妙過ぎていまいち実感なし

機内でのお楽しみ・・・
109-2.jpg
「パイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉」上映中
他には、「トワイライト」のロバート・パティンソンと「キューティー・ブロンド」のリース・ウィザースプーン出演の
「ウォーター・フォー・エレファント」が、なかなか良かった。
サーカス団のお話。ゾウさんが出てくる

11時間のフライトの後、乗り継ぎのデトロイトに到着。
IMG_0263_convert_20111003023125.jpg
乗り継ぎ便が出発するまでの2時間の間に、連れはスウォッチを購入。
(日本から持参した腕時計が電池切れだったため・・・)

その後、約2時間45分のフライトを経て・・・
遂にオーランド到着!!
IMG_0264_convert_20111003223041.jpg
メインターミナルまでモノレールで移動。

到着時刻は、
002_convert_20111006193923.png

現地時刻の18:30。日本時間で朝の7:30、成田を出発してから約16時間半の長旅でした~









ディズニーワールド 到着!
2011-10-06 (木) | 編集 |
2011/9/20 Tue.
オーランド空港から、現地ガイドさんにホテルまで送ってもらう。
ガイドさんの話では、天気はまあまあ良くて日中はとても暑くなるが、
スコールが降って少し涼しくなる、とのこと。
どうやら1日中土砂降り・・・ってなことはないようで、一安心 

「もうすぐディズニーワールドリゾートのゲートが見えてきますのでカメラのご用意を~」
と言われカメラを構えるも・・・

IMG_0265_convert_20111003223133.jpg
暗くて何も見えにゃ~い

空港から約30分ほどで、ホテルに到着!
ウォルトディズニーワールド スワン 
IMG_0719.jpg+++
ラスベガスのホテルを彷彿とさせるユニークな佇まいのスワン&ドルフィン 

スワンのオブジェがお出迎えするロマンチックなロビー
IMG_0273.jpg

IMG_0716.jpg


IMG_0274.jpg

IMG_0280.jpg


現地ガイドさんがチェックインを済ませていたので、
説明を聞き、朝食のクーポンとパークチケットを受け取り、部屋へ向かう。
ちなみに、ポーターへのチップと朝食時のウェイターへのチップは旅行代に含まれているので不要とのこと。
海外旅行を何度経験してもチップの支払いでまごつくナデシコJapaneseにとっては、お助かりなシステム

001_20111020225503.jpg
パークチケットは、5DAYS PARK HOPPER で、マジックキングダム・アニマルキングダム・エプコット・ハリウッドスタジオの4つのパークを5日間自由に出入りできるチケットでしたが、
初日はチェックインの時点で8時半をまわっていたので、パークへの入場はあきらめる。

部屋へ向かう途中の廊下・・・
ゴージャスな外観とは若干ギャップを感じる‘わびさび’感。
IMG_0271.jpg

部屋は8階の873号室(ハナミと覚える・・・)。
寝に帰るだけの部屋として十分の快適空間。
IMG_0266.jpg

IMG_0267.jpg

IMG_0309.jpg
窓はホテルのエントランス側。(写真は翌朝撮ったもの
右側にぼんやりライトアップされて見えていた建物は、ハリウッドスタジオのタワーオブテラーのうしろ姿であることが後日判明。
左側には、夜9時になるとエプコットのイルミネーションズの花火が見え隠れするチラリズム。

とりあえずホテル周辺を散策することに。

ロビーにあるスーベニアショップは朝7時から夜11時までオープンしていて、
ぬいぐるみ、バッグ、お菓子など、一通りのディズニーグッズが揃ってる。
IMG_0275.jpg

パークへのバス乗り場をチェックしに外に出てみたら、
IMG_0277.jpg
イルミネーションズの花火を少しだけ見ることができて、ちょっぴり得した気分。

お隣のホテル‘ドルフィン’にある24時間営業の軽食レストラン‘picabu’で、遅めの夕食。

IMG_0281.jpg
ガラスケースごしにいくつかの料理が並んでいる中からチキンをオーダーすると、
サイドメニューを2つ選ぶように言われ、スピナッチとマッシュポテトを選択。
テンコ盛り状態のワンプレート。
連れはやみくもに指差しオーダーしたところ、ラザニアにマカロニの付け合せというパスタパスタなメニューに。

お味は見た目通り
当然食べきれませんでしたがおいしくいただきました。
なかなかのボリュームでしたが・・・
IMG_0286.jpg
料金もそれなりのボリューム。

食事の後は、ホテルのすぐそばにあるボードウォークまで腹ごなしに歩いて行ってみる。
IMG_0291.jpg

IMG_0293.jpg
夜景が素敵。
レストランやナイトクラブのようなお店が数軒並んでます。
ショッピングエリアではなさそう。

さて、もう11時になるし、そろそろホテルに戻ろう。
明日はエキストラ・マジック・アワーでアニマルキングダムに8時から入場できるので、早起きしなきゃ!






ディズニーワールド 1日目
2011-10-09 (日) | 編集 |
2011/9/21 Wed.
グッドモ~ニ~ング!!朝からご機嫌なぜなら・・・

IMG_0308.jpg
早朝、部屋のドアに差し込まれていたニューズペーパーの見出しがマイケル
コンラッド・マーレー医師の裁判のニュースが、連日テレビでも報道されてました。

ディズニーワールド第1日目は、アニマル・キングダム!
エキストラ・マジック・アワーで、ディズニー直営と公認ホテルの宿泊客は一般のお客さんより1時間早く入場できちゃう!

早起きして、ホテルのレストラン‘Garden Grove ’に6時半のオープンと同時に入店し、朝食をいただく。
IMG_0307.jpg

オレンジジュースに、玉子、ベーコン、ペストリー、フルーツといった定番のアメリカンブレックファーストブッフェ。
無愛想なおじさんがオムレツを作ってくれます。
IMG_0447.jpg

IMG_0448.jpg

パークへ行くバスの乗り場はホテルのエントランスを出てすぐ左手に1箇所。
数人がまばらに待っている程度、オフシーズンのウィークデーはこんなもの?
パスの電光掲示板で行先を確認して乗り込む。(乗車券はいりません、タダですから!)
IMG_0313.jpg
バスの中は、びっくりするほど寒い
バスに限らず、ここはホテルの中やレストランなど、屋内全般が凍えるほど寒い。
(噂には聞いてたけど・・・ホントに寒かった!)

バスの中では運転手さんが何やら話しをして、お客さんは声をそろえて受け答えしたり爆笑したりで楽しそう。
私はリスニングしきれず置いてけぼり・・・

15分で、アニマル・キングダムに到着!
IMG_0316.jpg

パークの入り口では、入場の前にまず手荷物検査。
私の化粧ポーチが気になるらしく、「MAKE UP ?]と言ってポーチを開けられる。
(その後、別のパークでも同じ質問をされたので、次からはポーチを持ち歩くのはやめることに。)

いよいよ入場。
パークチケットを差し込み、「place finger flat」のところに指を置くと、
ピカッと光って反対側からチケットが出てきて入場できる。
この機械がなにやらくせ者で、指を置いた時の反応が悪くなかなか入場できない。
私の指がいけないの?とまわりを見回すと、他のお客さんもひっかかっていたので少しホッとする・・・。

入場してすぐのところに各国語のガイドマップが置いてあるので、日本語のマップを取って奥に進む。

IMG_0317.jpg

IMG_0321.jpg

IMG_0320.jpg

IMG_0319.jpg

なかなかの人混みの中、走り出す人もなく順調に歩き進み、
8:00には人気のアトラクション『キリマンジャロ・サファリ』に到着。
5分も待たずに、連なってやってくるサファリトラックに乗り込む。

IMG_0322.jpg

大量のカバが水没する池。
IMG_0333.jpg

アフリカの大自然。
IMG_0334.jpg

遠くからキリン。
IMG_0338.jpg

ゾウさん。
IMG_0344.jpg

バオバブの木。
IMG_0348.jpg

フラミンゴの池。
IMG_0352.jpg

イボイノシシ。
IMG_0354.jpg

他にも、ライオンやヒヒやインパラなどの動物たちを眺めながら約15分間サバンナを廻る。

出口付近に人だかり。
視線の先には迫力満点のゴリラ!
IMG_0355.jpg


アニマル・キングダムのシンボル『ツリー・オブ・ライフ』を眺めつつ歩くこと約10分。
次に目指すは大人気アトラクション『エクスペディション・エベレスト』

IMG_0362.jpg

ところで・・・
心配していた天気のことですが、
予報を覆す晴天、予想をはるかに上回る気温と湿度、
あまりの暑さに体力の消耗は想像以上

8:45、エクスペディション・エベレストに到着。
待ち時間なしで乗り込む!
IMG_0363.jpg

ややハードなジェットコースターらしいが、
カメラのストラップを手首に巻き付け、撮影をこころみる。

IMG_0389.jpg

ドキドキわくわく
IMG_0365.jpg

山頂が見えてきた!
IMG_0364.jpg

どんどん登ってく・・・
IMG_0390.jpg

高いっ
IMG_0391.jpg

恐いっ
IMG_0368.jpg

あれはっイエティ~
IMG_0366.jpg

そして、行き止まり・・・
IMG_0369.jpg
そのあとは・・・

キャーー

超~楽しいアトラクション!絶対おすすめ!!
IMG_0388.jpg

9:00
お次は、隣にある『カリ・リバー・ラピッド』。
IMG_0371.jpg

5分待ちで乗り込む。
ビショ濡れ必至とは聞いてたけど、ここまでビショビショになるとは
動き出したと思ったらアッという間に終わっちゃう短いライドにもかかわらず
「一回もぐったんかいっ?!」ってぐらいずぶ濡れ・・・
多少当たり外れがあるようで、向かい側に座ってたカップルはほとんど濡れてなかった。

9:26
2回目のエクスペディション・エベレストに乗るべく、
「恐いからもう乗りたくない!」とのたまう連れを強引に説得しファストパスをGET。
IMG_0376.jpg

9:40
ディノランドで『プライミーバル・ウィール』
IMG_0384.jpg
幼稚な見た目のわりにスリリングなコースター。
同じタイプの乗り物が日本の遊園地にもけっこうあるけど、
よこはまコスモワールドにある「スピニング・コースター」みたいなスリルと興奮を期待しただけに、
ちょっと物足りなかった

しっかし・・・
なんだろこの暑さ、この日差し
まだ10時もまわってないってのに・・・
ってか、日陰無さすぎっ
なのに服は未だにずぶ濡れ・・・って、どーゆ~こと

10:00
気を取り直して、次のアトラクション『ダイナソー』
IMG_0375.jpg
待ち時間なし。
恐竜がいっぱい!
暗くって、恐くって、た~のしいっ

10:30
『ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル』
ちょうどショーの開始時間がせまっていてキャストさんが呼び込みをしてたので入ってみる。
IMG_0378.jpg

IMG_0381.jpg

IMG_0383.jpg

英語はわからないけど、
けっこう見ごたえ聞きごたえのあるショーで、入っといてよかった!
40分間ほど、暗くて涼しい劇場でほてった体もクールダウン


11:20
『ダイナソー』2回目
こんどは20分待ち。

12:00
『エクスペディション・エベレスト』2回目
ファストパスですぐに乗車。

12:35
『イッツ・タフ・トゥー・ビー・ア・バグ』
パークの真ん中『ツリー・オブ・ライフ』の木の中はアリの巣になっていて、
その中の劇場で3Dムービーが見れる。
5分待ち。例によって英語はわからんが、雰囲気だけで堪能する
IMG_0436.jpg
連れがくすねたアリさん使用の3Dメガネ。
(返却場所を見逃し、気付いたら場外・・・


1:30からの『フェスティバル・オブ・ライオンキング』を見るため、10分前から列に並ぶ。
既に会場入りしているお客さんも多く、後ろの方の席に着席。

IMG_0404.jpg

IMG_0405.jpg

IMG_0408.jpg

トランポリンとか、ファイヤーダンスとか、歌とか・・・
ミュージカルのライオンキングみたいなのを想像してたので、ちょっと違うような・・・?
(ミュージカル見たことないですけど
ショーは30分間、1時間おきにやってるみたい。


次は『エプコット』へ向かうため、
名残惜し~いけど、アニマル・キングダムをあとにすることに・・・

ここまで、日本で事前に計画してきたスケジュールをこなしつつ、
予想よりも時間的余裕があったため予定外のショーやアトラクションも堪能。
しかし・・・
予想以上の酷暑のなか欲張り過ぎたのか、既に疲労度MAX 
後半戦、持ち堪えられるか・・・!!

2:10
帰る道すがら、気になっていたファネルケーキ屋で足を止める。
IMG_0411.jpg

IMG_0412.jpg

なんか、おーいしそ~
でもその正体は、
スプレー缶入り生クリームといちごジャムを山盛りぶちまけた、大量のてんぷらのころも・・・みたいな感じ
ふたりで1個、おいしくいただきました。

3:00
エプコットに到着。
IMG_0417.jpg

3:30
目当てのアトラクション『テストトラック』に来てみたが、
IMG_0418.jpg
IMG_0419.jpg

40分待ちのためファストパスを取って、あの場所へ向かう。

「あの場所」・・・
その場所とは・・・『club COOL』 
IMG_0416.jpg
冷蔵庫並みに冷えた店内でコカコーラ社のドリンクが無料で試飲できる夢のスポット
まさに砂漠のオアシス
エプコット滞在中は駆け込み寺状態で何度も利用させてもらいました!
小さな紙コップで冷たい炭酸をキュッと喉に流し込み、再び酷暑の只中へ・・・

WDWにも『ダッフィー』いました。
エプコットにはダッフィーのグリーティングスポットがあって一緒に写真も撮れます。
お客さん一人しかいないみたいだったけど、
幼少期のトラウマによる着ぐるみ恐怖症の私は、接近を拒み遠巻きに鑑賞する。

IMG_0420.jpg

IMG_0421.jpg

日本より種類は少ないのかな?
(何年もディズニーシー行ってないんで知りませんけど・・・)
シェリー・メイ?など当然存在しません。
ショップの店員さんとアメリカ人のお客さんの会話を小耳にはんだ。
「いや~、このクマのぬいぐるみは最近人気あるのか~い?」
「そうさ~、日本人のお客さんにとても人気があるんだよ~。」
「Duffyって書いてあるけど、これってディズニーベアーじゃないの~?」
「そ~なんだー、日本で爆発的に人気が出て、いつの間にかダッフィーって呼ばれるようになったのさ~。」
みたいな・・・

4:15
『テストトラック』
IMG_0423.jpg

爽快なアトラクション。
しかし・・・
そろそろ体力も限界一旦、ホテルへ戻ることに。
ちなみに、エプコット⇔スワン&ドルフィン間のバスは出ていないので、
徒歩かボートで移動する。
棒になった足を引きずりボート乗り場へ向かう。
IMG_0427.jpg
ボート乗り場は、エプコットのもう一つのゲート『インターナショナル・ゲートウェイ』の外にある。
メインエントランス側からは、ラグーンの右側をワールドショーケースに向かってけっこうな距離歩く。

IMG_0429.jpg
今更のように曇り始めた空を見上げながらボートを待つ。
ボートは15分に1本ぐらいの間隔で、スピードもゆっくり。
ホテルまで歩いても10分もかからないので、体力があれば歩いたほうが早いかも。

5:50
ホテル到着。
ちょっと休憩のつもりがそのまま眠りに就く。

8:00
目覚める。
「今から急いで行けばエプコットの花火に間に合うかな?」
朦朧とした意識のままホテルを出発し、徒歩でエプコットに向かう。

8:35
フランス館の前あたりで、9時から始まる花火のショー
『イルミネーションズ・リフレクション・オブ・アース』を待つ。
015.jpg

020.jpg

025.jpg

15分間のショーを満喫し、再び徒歩でホテルに向かう。
途中、ボードウォークでピザをテイクアウト。
027.jpg
おこぼれを待つ鳥に囲まれながら軽い夕食。

そして・・・
長い一日が暮れてゆきました。
































web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。