ねこ 時々 たび
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩合さんのねこ写真展
2013-08-22 (木) | 編集 |




渋谷ヒカリエで開催されている
岩合さんのねこ写真展に行ってきました。

平日だというのにたくさんの老若男女で大盛況でした。
猫好きの方って結構たくさんいらっしゃるんだな~って、嬉しくなりました

私にとって、猫は時に人間以上に友であり家族であり、かけがえのない存在です。
猫(に限らず動物)に優しい日本になってほしいです。




スポンサーサイト
ハイキング1日目~レイクオハラ
2013-08-21 (水) | 編集 |
2013/8/9(金)
今日はバンフトップツアーズの1日ハイキングで『レイクオハラ』に行きます!
レイクオハラとは『幻の秘境』と呼ばれ、環境保護のため厳しい入山制限があり、入山のための専用バスは42人しか乗れないため地元の人でも席を確保するのが困難と言われるハイカー憧れの地!最低でも3ヶ月前の予約が必須と言われている場所なのですが…
今回わたしは突然一人旅を思い付き、場所はお任せで急遽ハイキングの申し込みをしたにもかかわらず、どういうわけか棚ぼた式にこの秘境に行けることになったのです。ラッキー

9時にホテルのロビーに車でお迎え。秘境に出かけるのに朝がゆっくりでいいのがカナダのいいところ!
ハイキングガイドは、元気いっぱいの女の子、千穂ちゃん。参加者は、女性の2人組と、母娘の2人組。1人参加は私だけでした。全員女性の女子会ハイキングとなりました

ホテルを出発して1時間ほどでシャトルバス乗り場に到着。


ここから黄色いスクールバスに乗って行きます。

30分ほどで、ハイキングのスタート地点のデイシェルターに到着。ここで、寄付金(私は$1)を払って簡単な地図をもらえます。コーヒーやケーキも売っていて、「ここのキャロットケーキは絶品!」とガイドの千穂ちゃんが教えてくれました。帰りに時間があったらいただきたいな。

10時50分、ハイキングスタート。


10分ほど歩くと、もうこの景色



更に30分ほど歩いて、Schaffer Lakeに着きました。



地リスがちょこちょこ顔を出します。



20分ほど登ってきました。さっきの湖が下に見えます。
ここは子供やお年寄りでも歩ける初心者向のコースらしいのですが、なにしろ普段まったく運動をしないグータラ40オーバーのオバハンは早速息切れ
「空気が薄いのね~」と標高のせいにする
実際、標高2000m以上あるのですよ!



森林限界を越えると一気に景色が変わります。ゴロゴロと足場の悪い石の斜面をひたすら歩きます。



断崖絶壁~


道無き道を歩くこと30分



突如視界に飛び込む青色


レイクマッカーサーです!











こんな青色見たことない!


この絶景の目の前で、ランチタイム。
美味しい空気と美味しいおにぎりをいただきました。


そのあと湖畔まで降りて、裸足になってみんなで湖に足だけ浸かりました。氷河湖の水はキンキンに冷たくて気持ち良かった~♪( ´▽`)


それから、行きとは違うルートで下山です。下りは息切れこそしないものの、ゴロゴロと石の転がる道に足を取られ、足首をくねくねさせながらの下山はなかなかハードでした。



青と緑の2色の湖が見えてきました。青がレイクオハラで、緑がマリーレイクです。
これから下まで降りて、レイクオハラを一周します。



レイクオハラに着きました。1周すると見る場所によって色が変わって見えます。









50分ほどでレイクオハラを一周して、デイシェルターに戻ってきました。
ガイドさんお勧めのキャロットケーキは、もう売り切れてました( ; ; )

16:30のシャトルバスに乗って山をおりました。

天気にも恵まれ、最高の絶景を満喫することができました。天気が悪ければ景色もぜんぜん違ったはず。本当に幸運でした




出国~サンフランシスコ乗継ぎ~カルガリー~バンフ
2013-08-18 (日) | 編集 |
2013/8/8(木)
千年に一度の猛暑が襲う日本列島を抜け出し、カナディアンロッキーの旅へ出発!
初の海外一人旅なので、出国から到着まで事細かに記しておこうと思います(次回からスマートに渡航できるように?!)

成田行きのリムジンバスに乗り込んだ途端に、運悪く腹痛に襲われ…その後の2時間ずっと地獄を味わうという幸先の悪いスタート(>_<)

なんとか無事に成田に到着し、まずはユナイテッド航空のチェックインカウンターへ。最近は係りの人が付きっ切りであれこれやってくれるわけではなく、自動チェックイン機で自分でチェックインするのですね?画面は英語表記だし、初めての人は大変なんじゃないかな?実際ちょっと困ってる人もいたし…まあ、呼べば係りの人来てくれますけど。
で、搭乗券をゲット。今回は乗継ぎ便なので、サンフランシスコで無事に乗り継げるかが第一関門なんだけど、乗継ぎ便の搭乗券に出発ゲートが記載されてなくて早くも不安…現地で確認しろってことね(ー ー;)

両替して、さっさと出国手続き済ませて搭乗ゲートへ。15時55分定刻通り出発できました。

そして9時間25分後、現地時間の9時20分に予定通りサンフランシスコ空港に到着。乗り継ぎを無事成功させるため、シートベルト着用サインが消えると同時に席を立ち通路へ邁進する
Baggage claimの矢印に向かって進むと入国審査の窓口が見えてくる。
non-citizen/visitorsとUScitizen/residentsに分かれているので、visitorsの方へ進む。書類は機内で渡された税関申告書1枚のみ。
右4本指、右親指、左4本指、左親指の順に指紋と顔写真を撮られる。
Baggage claimへ行きターンテーブルでスーツケースを受け取ったら、係りの人に税関申告書を渡して出る。
Connecting flightとArrival Robbyに分かれるのでConnecting flightの方に進み出口を出るとすぐにフライトインフォメーションの電光掲示板があるので、乗継ぎ便の出発ゲートを確認。ターミナル3方向とターミナル1、2方向に分かれているので、出発ゲートのあるターミナル3方向に進むとすぐにre-check inがあるので、係りの人にスーツケースを預ける。
ゲート番号の表示に向かって進むとsecurity checkpoint to gate ○○の表示がいくつかあって、最初の列で係りの人に搭乗券を見せると、ここじゃないと言われ、更に奥に進んで列に並ぶ。子連れ優先の列みたいなのがあって、最初間違ってそこに並んだけど、気付いて移動した。
靴を脱ぎ、ネックレスや時計やベルトをはずしてセキュリティチェックを受ける。

そして無事ゲートにたどり着くことができました!思ったほど混んでなかったのと、スーツケースがすぐ出て来たこともあり、迷いながらも1時間ほどでゲートに到着。これで、乗継ぎ便に間に合わなかった場合に備えて用意していた英会話「I missed my connecting flight.Can you arrange the next flight?」などと言わずに済んで一安心ε-(´ε` )
あとは乗継ぎ便を待つばかりだったのですが…
電光掲示板にawaiting aircraftとの表示がありdepart timeが変更になっている…更にゲートも変更に
ゲートは幸いすぐ隣にあったのですが、depart timeが刻一刻と変更になるため電光掲示板から目が離せない最終的に、当初の出発予定時刻11:41から2時間半も遅れて、14:15にようやく離陸となりました( ̄3 ̄)

サンフランシスコからカルガリーまでのフライト時間は2時間40分ですが、時差が1時間あるので到着は現地時間の18時近くになりました。機内でカナダ用の税関申告書が配られます。到着後、通路を道なりに進み入国審査へ。visitorsとCanada residentに分かれるので、visitorsの方に進んで審査を受ける。スーツケースを受け取り、出口で税関申告書を渡して出る。

カルガリー空港からバンフまでは、バンフエアポーターのバスを予約してありましたが、予約時間の16:30はとっくに過ぎている…でも、遅れた場合は次の便に乗せてもらえるシステムなので急いでカウンターへ向かう。スタバとかがある並びにバンフエアポーターのカウンターがある。そこで名前を言うと予約をチェックしてくれる。「次の便は18:30出発なので5分前位にこのカウンター前へ来るように。バスにはフードやトイレはない…」などの説明を早口でされ、よく聞き取れなかったが、たまたま日本人のドライバーさんがカウンターにいたのでその方に案内してもらってなんとかなりましたε-(´ε` )チケットは特になくて、帰りもホテルのロビーで待てばドライバーが名前を呼んでくれるとのこと。
時間になったらバスに案内してくれると思ってカウンター前のソファーに座って待ってたけど、こちらから声かけないとダメだったみたいで、他の客にくっついて行ってバスにたどり着きました(-。-;バスの入り口にお水のペットボトルが置いてあって、1本自由に取ることができます。

空港からバンフまでバスで2時間。どんよりと曇ったカルガリーを出発してしばらくすると激しい雨が降り出しました。乗客は私を含めて7人で、それぞれバラバラの1人客だと思うのですが、隣り合った客同士がベラベラと話し始めて道中ずっと喋りっぱなしなのには驚きました。よくそんな話すことがあるよな~と関心しつつ、話し掛けられたら困るので必死に英語話せませんオーラを出し続けました^_^;
雨はしばらくすると止み、夜の8時半頃ホテルに到着しました。バスのドライバーにチップを渡すつもりでしたが、日本人ドライバーだったので照れと甘えがありつい渡しそびれてしまいましたσ^_^;

ホテルはバンフの中心地にあるマウントロイヤルホテル。チェックインすると、部屋番号とWi-Fiのパスワードが書かれた紙とカードキーを渡される。ポーターはいないので自分でスーツケースを持って部屋に行く。
部屋は3階立ての3階でクイーンサイズベッド2台のツインルーム。



窓からはバンフアベニューと山の景色が見えます。


夜の8時半過ぎてますがこの明るさ。9時過ぎまで明るいです。

まだ明るいので、買い出しついでにボウ川まで歩いて写真撮ったりしたあと、近くのスーパー『nestar market』で朝食用にヨーグルトやサラダや飲み物を調達。レジで会計する時「ネスター会員カードはお持ちですか?」的なことを毎回聞かれます。
それから、ホテルのすぐ横にあるマックへ行ってテイクアウト。単品でバーガーを買うつもりだったのに「コンボ?」と言われてとっさに「コンボ?」と聞き返してしまったらそのままコンボでオーダーが通ってしまい、でっかいポテトとドリンクが付いてきてお値段$8以上もしましたσ^_^;

今日一日で、私ってちょっとは英語勉強してきたつもりだけどこの程度じゃまーったく通用しないのね~ってことを痛感しましたヽ(´o`;

明日からは待ちに待ったハイキング!ガイドさんもお客さんも日本人だから安心(*^^*)
お天気が少し心配?!



ケサランパサラン
2013-08-04 (日) | 編集 |
旅行がいよいよ来週に迫りました。

荷造りをしていると




来た~はかどらない…


そんなじゃまねこメイに、

ケサランパサランが舞い降りた





なんて、じつは
ベランダに飛来したのをつかまえて乗せましたσ^_^;




いいことあるかな!



web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。