FC2ブログ
ねこ 時々 たび
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーワールド 到着!
2011-10-06 (木) | 編集 |
2011/9/20 Tue.
オーランド空港から、現地ガイドさんにホテルまで送ってもらう。
ガイドさんの話では、天気はまあまあ良くて日中はとても暑くなるが、
スコールが降って少し涼しくなる、とのこと。
どうやら1日中土砂降り・・・ってなことはないようで、一安心 

「もうすぐディズニーワールドリゾートのゲートが見えてきますのでカメラのご用意を~」
と言われカメラを構えるも・・・

IMG_0265_convert_20111003223133.jpg
暗くて何も見えにゃ~い

空港から約30分ほどで、ホテルに到着!
ウォルトディズニーワールド スワン 
IMG_0719.jpg+++
ラスベガスのホテルを彷彿とさせるユニークな佇まいのスワン&ドルフィン 

スワンのオブジェがお出迎えするロマンチックなロビー
IMG_0273.jpg

IMG_0716.jpg


IMG_0274.jpg

IMG_0280.jpg


現地ガイドさんがチェックインを済ませていたので、
説明を聞き、朝食のクーポンとパークチケットを受け取り、部屋へ向かう。
ちなみに、ポーターへのチップと朝食時のウェイターへのチップは旅行代に含まれているので不要とのこと。
海外旅行を何度経験してもチップの支払いでまごつくナデシコJapaneseにとっては、お助かりなシステム

001_20111020225503.jpg
パークチケットは、5DAYS PARK HOPPER で、マジックキングダム・アニマルキングダム・エプコット・ハリウッドスタジオの4つのパークを5日間自由に出入りできるチケットでしたが、
初日はチェックインの時点で8時半をまわっていたので、パークへの入場はあきらめる。

部屋へ向かう途中の廊下・・・
ゴージャスな外観とは若干ギャップを感じる‘わびさび’感。
IMG_0271.jpg

部屋は8階の873号室(ハナミと覚える・・・)。
寝に帰るだけの部屋として十分の快適空間。
IMG_0266.jpg

IMG_0267.jpg

IMG_0309.jpg
窓はホテルのエントランス側。(写真は翌朝撮ったもの
右側にぼんやりライトアップされて見えていた建物は、ハリウッドスタジオのタワーオブテラーのうしろ姿であることが後日判明。
左側には、夜9時になるとエプコットのイルミネーションズの花火が見え隠れするチラリズム。

とりあえずホテル周辺を散策することに。

ロビーにあるスーベニアショップは朝7時から夜11時までオープンしていて、
ぬいぐるみ、バッグ、お菓子など、一通りのディズニーグッズが揃ってる。
IMG_0275.jpg

パークへのバス乗り場をチェックしに外に出てみたら、
IMG_0277.jpg
イルミネーションズの花火を少しだけ見ることができて、ちょっぴり得した気分。

お隣のホテル‘ドルフィン’にある24時間営業の軽食レストラン‘picabu’で、遅めの夕食。

IMG_0281.jpg
ガラスケースごしにいくつかの料理が並んでいる中からチキンをオーダーすると、
サイドメニューを2つ選ぶように言われ、スピナッチとマッシュポテトを選択。
テンコ盛り状態のワンプレート。
連れはやみくもに指差しオーダーしたところ、ラザニアにマカロニの付け合せというパスタパスタなメニューに。

お味は見た目通り
当然食べきれませんでしたがおいしくいただきました。
なかなかのボリュームでしたが・・・
IMG_0286.jpg
料金もそれなりのボリューム。

食事の後は、ホテルのすぐそばにあるボードウォークまで腹ごなしに歩いて行ってみる。
IMG_0291.jpg

IMG_0293.jpg
夜景が素敵。
レストランやナイトクラブのようなお店が数軒並んでます。
ショッピングエリアではなさそう。

さて、もう11時になるし、そろそろホテルに戻ろう。
明日はエキストラ・マジック・アワーでアニマルキングダムに8時から入場できるので、早起きしなきゃ!





スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。